今回も2019年の8、9月に食べたカレー。
この日記もようやく夏から秋へ移り替わろうとしている。

【ときわ台 カフェアリカ】
キノコやらカレーやらでお世話になる機会が増え、この数年でお気に入りの路線となった東武東上線。
東武東上線には埼玉の素朴さと、池袋のあたりに顕著な都会過ぎない、きれい過ぎない感じがごちゃ混ぜになったサイケデリアを感じる。
大山は面白そうなお店が目白押しだし、上板橋にはダルバートが食べられる店が多く、東武練馬は坂だらけで楽しい。
で、今回はときわ台。
アクが強い東武東上線の駅の中で、ここは物静かな印象だが、駅から歩いて数分の「カフェアリカ」においしいカレーがある。
生ハムやワインなどもあり、カレー専門店ではないんだけど、スリランカカレーを提供しているのだ。
22
カフェということもあり量はそこそこだったけど、見た目の穏やかさに反してかなりスパイシーで、前日に行った茨城での疲れを癒してくれる、体を覚醒させる味だった。

【東高円寺 平日昼だけ】
2020年1月現在、すでに営業が終了しているお店のため、今さら紹介するのも何だけど……素晴らしいカレーを出してくれるお店だった。
この年食べたカレーの中で、一番と言ってもいいぐらい美味しかったな。
振り返れば、2019年に食べたカレーはこれまでの年に比べても当たりが多かった。
もっともまずいカレーなんて、この世にはほとんど存在していないんだけどね。
23
骨とう品屋を間借りして営業しており、名前の通り平日昼だけオープンという、ミステリアスなお店。
それらのフレーズからして、趣味のお店かと思っていたが、いざ入ってみるととても心地のいい静寂があり、素敵なひと時を過ごすことができた。
そしてカレーのお味は、他にない独特さ&うまさで最高だった。
和だしそぼろカレーという名で、納豆をトッピングしたこともあり、これもまた「和レー」だね。
まさか閉まるとは思っていなかったので……もっとたくさん行っておけば良かった。
別の場所でのオープンを検討中とのことで、楽しみにしとります。

【田無 日常 CURRY & SWEETS】
カレー過疎地と思っていた西武新宿線沿いにも続々と、いいカレー屋さんが増えてきている。
鷺ノ宮の「うえの」一強という印象だったが、西武柳沢の「からくら」ができたし(ここは行列できていいほどうまい)、上石神井にオリジナリティの塊のような「analog.」もあるしで、個性的なお店がいつの間にやらたくさん。
この時はまだ暑く、ハーフパンツとVネックのカットソーという簡素な服でお邪魔したが、上品な店内で「おれいいのかな?」と不安に駆られた記憶がある。
24
濃厚バターチキンを頂いた。
欧風のカレーで、スパイシーさがあるわけではなく、誰でも親しめる間口の広い味だと感じた。
お隣、西武柳沢の「からくら」さんとはまたタイプの違うカレーだし、その日の気分で食べ分けられそうでいいな。
西武新宿線にも徐々にだが少しずつ、スパイス風が吹いてきた。

【早稲田 ダルシムカリー】
みんな大好きダルシムカリー。
一体誰なんだ、シン・マハーラーオ。
というわけで何回も行っている、お気に入りのダルシムカリー。
ここにはおれの好きなカレーの要素が全部ある。

・店の謎の怪しさ
・ジャンクさ
・肉々しさ
・味の濃さ

この4要素。
改めて書き出してみると、これ別にカレーじゃなくてもいいな。
ここはとにかく、おなかがすいた時に食べたい味なんだよね。
おれの中でのカテゴリーとして、ステーキとかトンカツとか、そちらに近いものがあるというか。
体力が落ちている時にはステーキを食べるという友人がいるんだけど、おれならダルシムカリーを食べちゃうね。
25
いろいろ増してみた。
これを見て「うまそう」と思った人は、明日にでもお店に乗り込んで間違いない。
見た目はきっとあなたを裏切らない。

【大久保 カリー ダイス CURRY DICE】
ようやく9月に突入した。
このお店に行った時「久しぶりにカレー食べたな」と感じた記憶があるんだけど、振り返って見てみると、ダルシムカリーから十日しか開いていなかった。
いかんせんこの時期は毎週キノコ探しで埼玉やらに行ってて、時間的な問題で両立が難しかったんだよな。
「ダイス」さんは大久保駅が最寄だが、新宿からも全然歩ける距離で一安心。
例によって、ここもバーを間借りして営業しているお店となる。
営業は昼だけ(11~16時)で、日曜と祝日は休みと、ほぼ「平日昼だけ」なんだけど、土曜日は営業しているようで、これだけでも行きやすさが大分違う。
世間のカレー好きは、おれよりもはるかに鼻が利くようで、すでに人気店のよう。
お店はかなり混みあっていた。
27
それもそのはず、このカレーですよ。
鳥大根カレー(左)とか、他のカレーのお店とは一線を画した独創性があって面白かった。
大根のおかげかもだけど、ここもちょっと和の感じがあり、食べやすいお味で、都心で働いて疲れた体にもピッタリだなと。
他にもコロッケが乗ってるカレーとか、日替わりで楽しそうなメニューをいろいろ提供しているみたいだし、リピートしたいお店がまた増えてしまった。
新宿はとにかく昼だけ営業の良店が多過ぎて、新宿にいるのにお店に行けないという悔しさを日々噛み締めながら、人はみな働くのです。

今の1曲
US女性シンガーソングライターのレジェンド、ローズ・メルバーグ。
タイガートラップやソフティーズなど、いろんなバンドで90年初頭から活躍してきた人で、おれの中でUSのアメリア・フレッチャーみたいなイメージがある。
これはソロの1stで、長くAmazonで売り切れになっており買えずにいたんだけど、ふと覗いたら在庫が復活してたので購入。
ヤンチャで軽やかなギターポップで素敵です。